新潟に、持続可能な里山をつくりたい

私たちはこのケーキづくりを通じ、新潟の衰退が進む中山間地に、持続可能な里山をつくっていきたいと想っています。舞台は、新潟県上越市安塚区。この地域の里山の素材を使ったケーキをたくさんの方に届けていくことが、地域に受け継がれてきた、自然環境と呼応する豊かな暮らしや、生態系を守っていく事にもつながる。そうやって、新潟の豊かな里山を、この先の世代へと届けていきたいのです。



里山の豊かな風景を、この先の世代へ。

安塚の里山には、棚田や、手入れの行き届いた美しい森など、人の暮らしが根付く豊かな風景があります。

これらの財産を先の世代へと受け継いでいくために、里山で採れた素材を使ったり、棚田でお米づくりをしたりして、自然や環境に目を向けた暮らしや活動をこの地域に作り出していきます。


環境負荷の低減と、自然が本来もつ力の再生

田んぼはお米を生み出すだけで無く、その地域の生態系を支える大切な地域資源です。私たちは、麹チーズケーキの素材である五百面万石(酒米)を、栽培中は農薬や化学肥料を使用せずにつくっています。それよって環境負荷を低減するとともに、土地が本来もつ生命力を引き出し、生物多様性を後押しする事に繋げています。


限界集落に“なりわい”をつくる。

限界集落となりつつあるこの地域の素材を麹チーズケーキの原料としてつかう事で、需要やなりわいを生み出し、地域経済を後押ししていきたいと想っています。